• TOP 
  • >  アルミ電線の接続端子

アルミ電線の接続端子

近年、家電業界や自動車業界では銅価格上昇や製品重量の軽量化の目的で銅電線のアルミ化促進の動きがありますが、アルミ電線の接続には4つの大きな課題があり、その課題解決が実用化阻害の大きな要因となっています。

4つの課題を解決するアルミ電線の接続端子技術を提供します

課題1 電解腐食

異種金属による電位差で電解腐食が発生し電気接触抵抗の経年変化大となる

解決技術
アルミ線を完全な塑性領域に至るひずみ率まで圧着し、Snメッキ端子と合金層を形成することにより、電解腐食を防止することが出来ます。

課題2 酸化皮膜

表面酸化皮膜の生成速度が速く電気接触抵抗に影響を与える

解決技術
端子圧着部に突起セレーションを設けて酸化皮膜を破壊します。突起形状を四角錐形状で複数形成することにより実現が可能となります。

課題3 強度低下

圧着接続後の端子・アルミ線間の引張張力強度の低下が起きる

解決技術
圧着率が大きいほど電気接触抵抗は安定しますが、反面、断面積が小さくなるため、引張強度は低下します。端子内部に突起セレーションを設けることで、変形量を必要且つ最小量に抑え、引張強度の低下を防止することが出来ます。

課題4 応力緩和

圧着接続後に常温でアルミ線内部に応力緩和が発生し、電気接触抵抗が増加する。

解決技術
端子圧着部に突起セレーションを設けることにより、応力の高くなった部位と緩慢な部位とを遮断し、閉じ込められた領域に応力を集中させるため、応力緩和を防止することが出来ます。

特許技術 アルミ電線の接続端子技術と構造

端子圧着部に4辺の長さが等しい載頭四角錐形状で傾斜面角度は45〜75°の突起セレーションを設けます。 4個の突起に囲まれた独立領域を連続して複数形成することにより、上記4つの課題が解決します。
端子圧着部に本セレーションを設けた端子は、自動車・家電用巻線モーターならびにワイヤーハーネス(撚り線)等に適用が可能で、良好な接続部の一つの手段として活躍が期待されております。
突起セレーション詳細図

お客様のご要望に基づき、アルミ電線用端子、ダイスおよび工具の設計・試作・評価を実施いたします。
             
【お電話でのお問合せ先】
03-5958-9411 (平日8:30〜17:30)

土・日・祝・時間外はWEBフォームからお問合せ下さい。

TOPへもどる